つるこってどんな人?

リビングに快適な【授乳スペース】を作る!授乳の必需品を紹介!

リビングに快適な【授乳スペース】を作る!授乳の必需品を紹介!

「快適な授乳スペースを作りたい!」

こんにちは、つるこです。

1月に2人目を出産し、育児に追われる2児のママです。

この2ヶ月、赤ちゃんと濃密な時間を過ごしてみて…

つるこ
毎日、授乳ばかりで疲れた…

幸せな時間だけれど、エンドレスな授乳…正直疲れます。

そんな日々を過ごし、改めて気持ちよく授乳できる場所が大切だなと思ったわけです。

そこで今回、私がたどり着いた「快適な授乳スペースの作り方」を紹介したいと思います。

この記事では
  • 授乳スペース
  • 授乳の必需品

を紹介したいと思います。

快適な授乳スペースはリビングに

リビングの授乳スペースの写真

我が家は、寝室とリビングが隣り合わせ。

寝室にベビーベッドを置いていますが、日中の赤ちゃんの居場所はリビング。

リビングのベビーマットの上やバウンサーで過ごしています。

結局は赤ちゃんも、ママや大人が過ごす部屋に居ることがほとんど、なんですよね。

そして、もちろん授乳もリビング。

新生児のうちは1日に8回以上の授乳に追われる毎日。

くつろぎながらゆっくり赤ちゃんに授乳するなら、やっぱりリビングで授乳したい。

そこで、我が家のリビングでの授乳スペースを紹介したいと思います。

我が家の授乳スペース

リビングの授乳スペースの写真

こちらが我が家の授乳スペース。リビングのソファで授乳をしています。

赤ちゃんと過ごしやすいリビングにするコツ

赤ちゃんと過ごしやすいリビングにするための条件は、

  • 風通しがよい
  • 明るい
  • 冷暖房が整っている
  • テレビがある

でしょうか。

ジーナ式ネントレをしているので、赤ちゃんが日中過ごす場所は、明るい・新鮮な空気を吸えることを意識して作っています。

また、2人目は冬生まれだったこともあり、寒さ対策も入念に。

エアコン+ホットカーペット、特に寒い日は背中に電気あんかを当てたりしていました。

つるこ
電気あんかって知ってるよね…?電気湯たんぽって言うとわかるかな?

産後は冷えると良くないですからね。

もともとテレビはあまり見ないのですが、出産後社会から隔離(笑)された生活になると、テレビが唯一の情報源となります!(大げさですが、本当!)

授乳で疲れ切った身体やあたまに、どうでもいいようなテレビの情報が、とっても良い気分転換になるのです。

また、上の子がいる場合も、授乳中はどうしても上の子がぐずりやすいと思います。

我が家ももうすぐ2歳になる上の子が、とっても授乳を嫌がります。

赤ちゃんを叩いたり、ママの膝に乗ったり、背中に乗ったり…退屈すると更に激しくなるので、正直テレビには助けられています。

つるこ
アンパンマンとEテレありがとう〜

授乳スペースに置いているもの

授乳中、ママは動きたくても動けない。

そのため、必要なものは授乳スペースに置いておくことが、快適な授乳のために大切です!!

私が授乳スペースに置いているものを紹介します。

授乳に必要なもの

私が最低限用意した方が良いと思うものは、

  • 授乳クッション
  • クッション
  • バスタオル
  • 足台

ママが楽に授乳するために必要なものになります。

赤ちゃんが小さいうちは、1回の授乳に1時間近くかかることも。

歪んだ姿勢のまま1時間近く過ごすのは、ママも赤ちゃんも負担がかかります。

そのため、まずは自分が楽な姿勢を作ることが大切!

そして、ママが楽な姿勢は赤ちゃんが楽な姿勢でもあります。

楽な姿勢ができれば、赤ちゃんも上手におっぱいを吸う準備が整いますよ。

手元に置いているもの

授乳中、手元に置いておきたいものは、

  • スマホ
  • テレビのリモコン
  • エアコンのリモコン
  • 赤ちゃんのお世話グッズ
  • 口拭きガーゼ

スマホは授乳時間を測るのに使ったり、写真を撮ったり、ネットサーフィンしたり…必需品ですね。

スマホ以外には、テレビのリモコン、エアコンなど冷暖房のリモコンも手元に置いておきましょう。

そして、赤ちゃんのお世話グッズも。

授乳中、赤ちゃんが吐き戻したり、時にはうんちをしたり…予期せぬ事態がけっこう起こります!!

つるこ
授乳中にしたうんちが漏れたことも(笑)

赤ちゃんのお世話グッズを収納した写真

赤ちゃんのお世話グッズは、こんな風にボックスに入れています。

日中はリビング、夜は寝室で過ごすので、持ち運びできる収納にしています。

赤ちゃんグッズが一つになっていれば、パパもわかりやすいし、あっちこっち探しに行かなくて良いし。

使いやすい収納ができました。

まとめ

赤ちゃんと大切な時間、授乳を快適にするための工夫を紹介しました。

授乳をいかに快適に過ごせるか。赤ちゃんのお世話をしていると、おっぱい時間がほとんどなので、本当に大切。

それに、ママの気分が良いと赤ちゃんも気持ちよく過ごせますよね。

授乳に疲れたら、まず授乳スペースを整えるとをオススメします!

さらに、肩こり、身体の疲れに悩んでいる方には、授乳姿勢を整えることも勧めています!

下記記事では、授乳姿勢やおっぱいの上手な吸わせ方を紹介しています。

上手なおっぱいの吸わせ方を詳しく

ラッチオンって何?助産師直伝!正しい授乳法を知って授乳を楽に ラッチオンって何?助産師さん直伝!正しい授乳法を知って授乳を楽に!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私が使っている授乳クッション

せんべい座布団はこちらで

キッズ&ベビー用品のセレクトショップcuna select【クーナセレクト】
海外セレブも愛用する、おしゃれアイテムが満載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です