ベビー用品が10%OFF!Amazonの無料サービス

ジーナ式に挑戦!スケジュール・ポイント予習編【生後6〜8週目】

ジーナ式スケジュール予習編6〜8週目

こんにちは、つるこです。

2歳娘と0歳息子の2児のママやってます。

我が子は2人ともジーナ式ネントレをしています。

娘は、生後5週目からジーナ式を始め、3ヶ月月で夜中の授乳は1回に定着、7ヶ月で夜通し寝に成功しました。

息子は生後2週目から始め、すぐに夜中の授乳は1回に定着し、生後3ヶ月目頃から夜通し寝ができるようになりました。

ジーナ式のおかげで、

  • 夜泣きは一度もない。
  • 寝かしつけはせず勝手に寝る(娘は添い寝でしたが、息子はベビーベッド→添い寝)

そんな赤ちゃんに育っています。

しかし、ジーナ式って分刻みのスケジュール。細かすぎるので最初は本を片手に生活していました(笑)

そこで、忙しいママでもわかりやすいように6〜8週目(1ヶ月)のスケジュールを簡潔にまとめてみました。

この記事では
  • 6〜8週目のスケジュール
  • 6〜8週目のポイント

を紹介していきます。

ジーナ式、6〜8週目のスケジュール

ジーナ式ネントレ生後6~8週目のスケジュール

7:00  起床→おっぱい

張っているおっぱいから授乳する。(左右:40分前後)

8:00 着替え

9:00~9:45  朝寝(45分)

赤ちゃんが眠くなる時間。眠そうに見えなくても8:50分には寝室に連れて行く。

カーテンを閉め、赤ちゃんを半ぐるみで包む。

睡眠時間は45分を超えない。

9:45 目覚め

カーテンを開け、おくるみを広げ、赤ちゃんが自然に目を覚ますのを待つ。

10:00 遊び

プレイマットに寝かせ、存分にキックをさせてあげます。

7時の授乳が早かった場合、10時台の授乳を早める必要があるかも。

10:45 授乳

前回最後に飲んだおっぱいから授乳する(左右:40分前後)

11:45~14:30  昼寝(2時間半)

15分位前に寝室へ連れて行く。

眠そうに見えなくても11:45までには寝室へ連れて行く。

カーテンを閉め、赤ちゃんをおくるみで全身もしくは半ぐるみで包む。

赤ちゃんを2時間半以上寝かさない。

14:30  授乳

何分寝たかにかかわらず、14:30には赤ちゃんを起こして授乳を始める。

カーテンを開け、おくるみを広げ、自然に目を覚ますのを待つ。

最後に飲んだおっぱいから授乳する(左右:40分前後)

19時就寝のために16:30までは赤ちゃんを寝かさない。

赤ちゃんをプレイマットで遊ばせる。

16:15~16:30 夕寝(30分)

この時間にお散歩しても可。

16:30頃、湯冷ましか薄めたジュースをあげる。

19時就寝のため17:00以降は眠らせない。

17:00  授乳

最後に飲んだおっぱいから授乳(片方:20分前後)

もう片方のおっぱいは、お風呂から出るまであげない。

17:45 お風呂

お風呂の準備している間、オムツを外してたくさんキックさせてあげる。

お風呂の後はマッサージをしてパジャマに着替える。

18:15  授乳

おやすみ前の授乳は、寝室で薄明かりの中で行う。話し掛けたり、目を合わすのを控える。

片方の胸を完全に飲みきるため、前回と同じおっぱいから授乳(10~15分)し、反対のおっぱいの切り替える。反対のおっぱいから授乳(片方:20分前後)

19:00  就寝

最後に目を覚まして2時間たったところで、ベッドに連れて行くのがポイント。

ウトウトしてきたら、半ぐるみで包む。

10~15分経っても寝ない場合、張りの強い方のおっぱいから10分間授乳する。話かけたり、目を合わせたりせず、暗い部屋のまま授乳する。

22:00~22:30  授乳

赤ちゃんが自然に目を覚ませるように、明かりをつけて、おくるみを開く。完全に目を覚ますまで10分は待つ。10:30には完全に目を覚まし、授乳を始める。

前回と同じおっぱいから授乳(片方:20分前後)後、オムツを替えておくるみで包む。

明かりを落として、反対のおっぱいから授乳(片方:20分前後)

夜中の授乳

赤ちゃんが午前4時前におっぱいを飲みすぎて、午前7時の授乳に興味がなくなっている場合、夜中の授乳前に30~60mlの湯冷ましをあげる。

午前4時~5時の間に目を覚ましたら片方のみ授乳し、もう片方は午前7時に授乳する。

午前6時に起きた場合、片方のみ授乳し、もう片方は午前7時半に授乳する。

部屋は暗いまま授乳する。

ジーナ式、6〜8週目のポイント

  •  体重が4キロを超えている赤ちゃんは、夜中に長時間眠ることができるようになってくる時期。そのためには、午前6、7時~午後11時までの間に、必要な授乳量を飲むことができていること、お昼寝を4時間以内にする必要がある。
  •  朝のお昼寝は45分以内、昼のお昼寝は2時間~2時間半以内、夕方のお昼寝は30分以内に抑えます。
  •  SIDS(乳幼児突然死症候群)予防のため、おくるみは半ぐるみに慣れさせる。まず、朝寝と夜7時の就寝に慣れさせ、8週目終わり頃には昼寝と夜11時の睡眠も半ぐるみにする。
  •  午前7時~午後7時の間に必要な母乳・ミルクを飲めていれば、夜中の睡眠が長くなり始める。
  •  生後6週目に2度目の成長期がくるので、哺乳量が増える場合がある。

ジーナ式予習編(6〜8週目)まとめ

この記事では、生後6〜8週目の具体的なスケジュールを紹介しました。

ジーナ式ネントレのことをもっとよく知りたい方は、こちらの記事も参考に。▼

ジーナ式のやり方・夜通し寝のポイント・月齢別スケジュール・実践例 【ジーナ式のやり方】寝かしつけも夜泣きもゼロ!月齢別スケジュールと実践例

息子、生後6〜8週目の記録。▼

ジーナ式ネントレ記録【生後6〜8週目】夜の授乳を減らす方法 ジーナ式ネントレ実践記録【6〜8週目】夜の授乳を減らす方法

最後までお読みいただきありがとうございました。

つるこ
日々の子育て記録はインスタにも発信してます!気になる方はつるこ(@tsurukoomama)をフォローしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です